構造 – 骨と骨格の構造 | 足と靴の問題解決型オーダーパンプスのMooV Shoes

構造 – 骨と骨格の構造 | 足と靴の問題解決型オーダーパンプスのMooV Shoes

構造

足を構成する骨の数は、想像以上に多いのが特徴です。
片足で合計26の骨から構成され、両足で数えるとその数は、人間一体すベての骨の約1/4にもなります。
長さ約30センチ弱のわずかな空間にこれだけ骨が集中している事実は、足がいかに人間の営みに重要な影響を与え、同時に精密さを求められる器官であるということを証明しているかのようです。

オギャーと生まれてからすぐにすベての骨が存在するわけではありません。
数として出揃うのは4歳前後、「骨」として固まり始めるのは7〜8歳前後になってからです。
これらの骨が靱帯(骨と骨同士を結び付ける組織)で繫げられ、さらには筋肉と腱(骨と筋肉を結び付ける組織)で支持されることで初めて、足はその形状を保てるのです

用語種一覧はこちら

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリ

             

タグ