第三のアーチ – アーチの構造 | 足と靴の問題解決型オーダーパンプスのMooV Shoes

第三のアーチ – アーチの構造 | 足と靴の問題解決型オーダーパンプスのMooV Shoes

第三のアーチ

小指の付け根から踵部にかかるアーチで、他の二つに比べそれほど知られていないものです。
人間が歩く際の足の重きとは、
① ず踵から着地し、体重を足部の外側に移動させる。
② 次に体重を足部の外側から内側に移動させる。
③ 最後に親指が地面を押さえつけ、体重を支えた上で地面を蹴り上げる。

このアーチが緩んでしまぅと、一連のこの動き「あおり運動」が円滑に行えなくなるので、上体が左右方向にブレるバタバタ・ドタドタした足運びとなり、小指に想定以上の負荷がかかつてしまうのです。
O脚(「気をつけ」の起立姿勢をとる際に、左右の膝を接することが不可能な症状)の原因の一つにもなり得ます。

用語種一覧はこちら

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリ

             

タグ