外反母趾 – 足の障害 | 足と靴の問題解決型オーダーパンプスのMooV Shoes

外反母趾 – 足の障害 | 足と靴の問題解決型オーダーパンプスのMooV Shoes

外反母趾

親指の付け根(第一中足骨)が足の内踝側に飛び出し、親指が小指側に曲がつてしまう症状のうち、その角度が約15度以上になる場合をこう呼びます。
先天性のケースやリウマチなどの病気、サッカーやマラソンなど足を用いた過酷な運動が原因となる場合もあるものの、我が国での主因は、足に合わない靴などで指が圧迫され続けて開帳足が深刻化し、親指の付け根に持続的な衝撃がかかり発症するケースのようです。

より具体的には、足に比べ靴の爪先が狭過ぎる靴を履き続けただけでなく、逆に大き過ぎる靴を履き続けても発症する場合もあり得ます。
靴が脱げないよう指を上げて足を靴内に固定させたり、靴の中で足が前にズレたりするのを通じて、結果として指先が圧迫されるからです。
この症状を引き起こしやすい靴として、しばしば女性のハィヒールが挙げられますが、靴下やストッキング、小・中学校の上履き、爪先の先芯を強固にせざるを得ない安全靴が原因で起きるケースもあるようです

筋力の差やホルモンの分泌などが絡むのでしょうか、男性より女性に多く見られる症状です。
内踝側に飛び出した部分が靴に当たって腫れて疼いたり(これを「バニオン」と呼びます)、重症になると、親指の変形や激しい痛みを伴い、歩行すら困難になるケースもあります。
靴による開帳足が原因の際は、小指が親指側に同様に曲がる「内反小趾」もしはしば併発します。治療に際しては、靴による開帳足が原因の場合は、足に合った靴やインソールを用いたり、中足骨周辺をテーピングすることを通じて、改善を試みるケースが主流です。

ただし重症ですと手術を要する場合もあります。
この症状の人は、必要以上に足幅・足囲の広い靴や大きいサイズの靴を選びがちですが、これだと第二のアーチがさらに広がり症状がますます悪化するので、素人判断は禁物です

用語種一覧はこちら

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリ

             

タグ