ムートン病 – 足の障害 | 足と靴の問題解決型オーダーパンプスのMooV Shoes

ムートン病 – 足の障害 | 足と靴の問題解決型オーダーパンプスのMooV Shoes

ムートン病

病名はこの症状に対して初めて論文を書いた、オーストリアの医者の名から採られました。
歩行時など足に体重をかけた際に、中指と薬指の間の付け根に焼けるような激痛が走る症状です。
薬指と小指、もしくは第2指と中指の間の付け根に起こる場合もごく稀にあります。

重症になると体重をかけなくても寝られないくらい激しい痛みが続いてしまいます。
足に合わない靴で足先に過剰な荷重がかかり開帳足となった結果、緩んで陥没した靱帯が足の裏の神経を圧迫し、その結果神経が変形し腫れるために発症します。
そこが神経腫となる場合もありますが、拡大したり転移したりするものではないので、その点はご安心を。

靴ではなく硬い床でのダンスのやり過ぎなどが原因で起こるケースもあるようです。
これも外反母趾と同様に、まず開帳足を改善する靴やインソールを用いて同時に治獠するケースが主流ですが、状況によっては患部に薬剤を注射したり、手術で神経腫を取り除く場合もあります。

用語種一覧はこちら

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリ

             

タグ