偏平足 – 足の障害 | 足と靴の問題解決型オーダーパンプスのMooV Shoes

偏平足 – 足の障害 | 足と靴の問題解決型オーダーパンプスのMooV Shoes

偏平足

親指の付け根から踵部にかかる、第一のアーチ(縦のアーチ=土踏まず)を支える足底筋や靭帯が緩み、そこが地面に完全に着いている症状です。
そこまでには及ばないものの、第一のアーチが通常より落ち込んでいる状態を「ローアーチ」と呼びます。

原因は、かつては先天性のもののみと誤解されていた時代もありましたが、実際には運動不足や加齢、外反母趾との併発など、様々な要因による後天的なものが圧倒的に主流で、長時間の立ち仕事や歩行の後で発症する疲労性の急性障害も存在します。
第一のアーチがクッシヨンの役割を果たせず、足全体に体重が直接かかつてしまうので、足が疲れやすくなるだけでなく、それをかばう大腿部や下腿部にも悪影響が及び、腰痛なども併発しやすくなります。

機能的に問題のない場合は治療を要しませんが、痛みや歩行時の障害を感じる際には、足にテーピングを施したり靴に適切なインソールを挿入することで、舟状骨の位置を矯正し症状を改善させていきます。
第一のアーチの頂点に付着する後脛骨筋を「爪先立ち」などの運動で鍛えるのも有効で、それが上方に引っ張られることで症状が回復するようです。
第一のアーチに強靭な筋肉がガツチリついたおかげで、この症状と見間違えてしまうケースも、プロのアスリートを中心に間々見られます。

用語種一覧はこちら

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリ

             

タグ