良い靴とは何か – 良い靴とは何か | 足と靴の問題解決型オーダーパンプスのMooV Shoes

良い靴とは何か – 良い靴とは何か | 足と靴の問題解決型オーダーパンプスのMooV Shoes

良い靴とは何か

百貨店や専門店、量販店やセレクトショップなどを覗いてみると、紳士靴の価格には異様なほど格差があるのに驚かされます。
1万円でお釣りがくるものもあれば、既製靴なのに20 万円以上するものもあります。
この差が出る理由は一体何なのか?その主な要素を、まず以下にまとめてみます。

素材:天然素材を用いる割合が高いほど、またアッパー用の革に関してはキメ細かく柔らかで、透明感に優れたものであるほど、価格は高くなる傾向にあります。
製法:底付けの製法が複雑になるほど、そして機械ではなく「手作業」の割合が高くなるほど、価格も高くなりがちです。
人件費:人件費の高い国で作られた靴のほうが、それが安い国のものよりも高くなる傾向にあるのは仕方のないことでしょう。
それを逆手に取って、後者で素材や製法のレベルを上げて製造したり、アッパーの縫い付けまでは後者で行い底付け以降を前者ですることで、品質の割に価格を抑えた商品も昨今では結構出回っています。

関税:我が国では国内産業保護の観点も含めて革・革靴双方に設定され、その税率は以前に比べ下がってはいますが、これが意外と価格に影響を及ぼします。
特に欧米の靴の内外価格差がなかなか解消できず、同様の品質の国産の靴に比べても割高となっている最大の理由もこれです。
ブランド代:純粋な靴メーカーの紳士靴の場合はともかく、そこに生産を委託し販売は自社ネームで行う場合は、これも決して侮れません。
いわゆるラグジュアリーブランド系の靴には、これが価格に相当上乗せされているのが実情です

その一方で紳士靴を買う側、つまり履き手の側にとって「良い靴」を見極めるのに不可欠な要素もあるはずです。
それについても以下いくつか挙げてみます。
足との相性:どんなに素晴らしい出来の靴でも、またどんなに有名なブランドの高価な靴でも、これが悪いと快適さを実感できず、ただ見栄を張るだけに終わってしまいます。
作りの確かさ:頑丈さとしなやかさの二律背反を同時に満たしている靴は、当然ながら長持ちします。
アウトソールの全面交換が可能か否かも、一つの大きな目安になります。

お手入れのし甲斐:例えば銀付き革のカーフやキップなど、お手入れするに従い艶が増していく革をアッパーに用いた靴には、長く履きたい欲求が自然に湧き出るはずです。
汎用性の高さ:最低でも3足の靴を中2日のローテーションで履き回すことを考えると、主張が強過ぎる靴は無用の長物になりがちで、普遍的なデザインを選ぶのが得策です。
両者の要素を付き合わせた上で、使い捨てにせず長く付き合ために「これならまず安心」といえる紳士靴の価格帯は2010年時点では例えば国産のメーカーやブランドのものなら1足2万円台終わりから4万円前後のものだと思います。

もちろん、これはあくまで目安で、これ以下の価格帯で良い出来のものもありますが、この辺りの靴から買い揃え始めると、数・質双方のバランスが整った靴のワードローブを形成しやすいですし、取り扱い・お手入れの基礎もマスターできるからです。
何も初めからそれ以上の価格帯、ことさら10万円近くする紳士靴をいきなり買う必要はありません。

免許取りたてでメンテの仕方もわからぬままに新車のフェラーリやポルシェに乗ってしまう状態に似ていて、一般的にそれは無謀です。
前述した価格帯の靴をある程度買い揃えたところで、「一体何が違うのかな?」的にさらに高額なものに足を踏み入れていったほうが、お互いの良さを実感できるので、結果として紳士靴をより深く愉しめます!

用語種一覧はこちら

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリ

             

タグ