つま先 – 靴の選び方 | 足と靴の問題解決型オーダーパンプスのMooV Shoes

つま先 – 靴の選び方 | 足と靴の問題解決型オーダーパンプスのMooV Shoes

つま先

まず、自然に伸ばした指が、靴の爪先に前後方向で、はぶつからないことを確認してください。歩く際に靴の中で足はわずかに前後に動ので、ここには若干の余裕がないと、指の表面だけでなく、爪や関節それに骨までも痛めかねないからです。
この余裕代を「捨て寸」と言って、親指から約10〜20ミリ確保するのが一般的ですが、昨今流行するロングノーズ仕様の靴では、もう少し長く確保しています。
左右方向では、親指と小指が、靴の側面から、無理な圧迫を受けていないことも確認しましよう。靴の横方向から親指が強烈に圧迫されたり、小指が薬指の下に潜り込みそうになっている場合は、足に対して靴の爪先周りが窮屈になって、左右方向にブラブラ動き過ぎてしまう場合は、そこに余裕があり過ぎる証拠。歩行時に指の重きが定まらなくなるので、これも決して良い状態とは言えません。
上下方向にも指、特に歩行時に、一番上下方向に曲がる親指に対してわずかな余裕が必要です。これが足りなくてもあり過ぎても、指が上から圧迫され、爪の変形や関節部の上面にタコが発生する恐れがあります。
形状を保持させるために靴の爪先に入る「先芯」の後端や、フルブローグのスタイルなどで、爪先周辺に積み重ねている革の後端が、歩行で靴が曲がる際に、足の指をグサッと直擊する場合もあるので、その位置の相性の良し悪しも、油断せず確認しておくのが得策でしょう。

用語種一覧はこちら

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリ

             

タグ