甲周り – 靴の選び方 | 足と靴の問題解決型オーダーパンプスのMooV Shoes

甲周り – 靴の選び方 | 足と靴の問題解決型オーダーパンプスのMooV Shoes

甲周り

靴のサイズ表記で、EとかMなどのアルファベットで示されるエリアです。
まず、親指と小指双方の付け根で、左右方向に一番出っ張つている部分、つまり靴の横幅で一番太くなる部分に注目です。ここを「ボールジョイント」と呼び、足と指の動きの「支点」となる部分ですので、ここの足と靴双方の位置が一致していなくてはいけません。
仮に合っていないと、指が「まねき運動」を行えず歩くのが困難になります。ボールジョイントのすぐ後ろが、全体的に緩くもキツくもなく、しっかりフィットすることも大切です。
ここを日本語では「ころし」と呼び、靴のアッパーに足のこの部分が大きく張り出している場合は、この部分の靴の幅並びに周囲が足より小さすぎる証拠です。

用語種一覧はこちら

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリ

             

タグ