カンヌキ留め – 靴のパーツ | 足と靴の問題解決型オーダーパンプスのMooV Shoes

カンヌキ留め – 靴のパーツ | 足と靴の問題解決型オーダーパンプスのMooV Shoes

カンヌキ留め

縫い目に施される補強縫いのことで、特に説明のない場合は、内羽根靴のレースステイ付け根部分に施される補強縫いを指します。
「しゃこかん」「しゃこ留め」とも呼ばれます

ヴァンプ、タング、レースステイ2枚の合計4パーツが一点で縫い重ねられるだけでなく、足の「上下方向に曲がる」動きに際して力が集中してしまうのがこの部分であり、靴の寿命を確実に延ばす一工夫です。
上から半月形の隠し革で覆われることもあり、デザイン上のアクセントにもなりますが、そうでない場合のほうがその分、縫いが頑丈に行われるようです

用語種一覧はこちら

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリ

             

タグ