サイドゴアブーツ – 靴の種類 | 足と靴の問題解決型オーダーパンプスのMooV Shoes

サイドゴアブーツ – 靴の種類 | 足と靴の問題解決型オーダーパンプスのMooV Shoes

サイドゴアブーツ

足の内外双方の踝の周辺にゴア=ゴム生地製のマチが施されたアンクル丈からショート丈のブーツを指します。
ロンドンの靴店がヴィクトリア女王のために1830年代中盤に開発したもので、夫君であるアルバート公も議会登院時に用い始めたことから、まず礼装用の紳士靴として認知が広がります

踝周りを隙間なく覆える特性から、第一次大戦後は乗馬にも使われ始め、「ジョッパーブーツ」の名も混用されるようになります。
1960年代にはいわゆる「スウィンギングロンドン」を代表する靴として再評価され、その中心地にちなみ「チェルシーブーツ」の名でも知られるようになりました

一時代前のカジュアルがフォーマルに昇格する服飾史の常の中、その逆を歩んだ稀有な存在です。
合わせる服もあまり選ばず、脱ぎ履きが楽でフィット感も容易に得られるので、一度履き慣れると他のスタイルに浮気しない・できなくなる方が多いブーツです

用語種一覧はこちら

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリ

             

タグ