ウェリントンブーツ – 靴の種類 | 足と靴の問題解決型オーダーパンプスのMooV Shoes

ウェリントンブーツ – 靴の種類 | 足と靴の問題解決型オーダーパンプスのMooV Shoes

ウェリントンブーツ

靴紐やストラップを用いずに形状のみで足と脚に固定させる単純な構造が最大の特徴です。
その名は19世紀前半を代表する英国の名将・ウェリントン公に由来します。
1815年のワーテルローの戦いで、ナポレオン率いるフランス軍をイギリス・オランダ連合軍とブロシア軍が擊ち破った際、彼が履いていたのがこのブーツの原型です。

タッセルのような飾りが全く付かなかったり、履き口に傾斜のつかないスタイルは、当時のブーツとしては大変斬新なもので、19世紀中盤にイギリス軍が騎馬部隊向けに採用したことで次第に広まっていきました。
現在の主流はハーフ丈ですが、より本格的なものは膝下までのロング丈です

革製のものは今日、英国式乗馬などで用いられる以外は活動の場がほとんどないのが実情です。近年急速に人気が復活したゴム製のレインブーツは、間違いなくこれを起源としたもの。
過酷な使用条件に耐え得る骨格は、素材が変われど確実に遺伝しているのです

用語種一覧はこちら

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリ

             

タグ