ピッグスキン – ピッグスキン | 問題解決型オーダメイドシューズ・パンプスのMooV Shoes

ピッグスキン – ピッグスキン | 問題解決型オーダメイドシューズ・パンプスのMooV Shoes

ピッグスキン – ピッグスキン

多くが輸入に頼っている各種原皮において、国内で唯一自給できているのが豚革です。
表皮のすぐ下が脂肪層になるために、牛革に比べて厚みが取れないのが特徴といえます。
非常に柔らかくすることができるので、カバン等の裏地用として使われることがある一方、固く透明にすることも可能な為、ランプシェードなどに使われることもあります。
前者の、いわゆる革として使う場合、豚革は表面に傷が付きやすいため、裏側(バックスキン)を目に付く側として使うのが一般的です。
しかし豚ならではの毛穴が3つずつ並ぶという特徴を活かし、表面を使う例も見られます。
かつては価値の低い革として見られることも多かったですが、用途が増えたこともあり、価格的に見ても決して牛革に劣るとはいえません。
部位によって繊維の差が大きいのも特徴で背のバット部は固い傾向にあります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリ

             

タグ